予算

家庭用脱毛器は決して安い買い物ではありません。
簡単に購入する前に、リサーチをして予算を組んでおくことが大切です。
脱毛器の費用対効果が良いものかどうかが大前提となります。

●ポイントその1
家庭用脱毛器の価格もそうですが、脱毛器のカートリッジ代金もかかってきますので覚えておきましょう。
家庭用脱毛器は効果が現れるまで、かなりの月日を要します。
そうなると、カートリッジも必然となってきますので、カートリッジを交換するお金が無くて脱毛を継続できなくなったというトラブルは避けるようにします。
カートリッジは、本体価格より上回る場合もあり、例えば本体価格が5,000円なのに、カートリッジ代金は10,000円するといった事もあります。
また本体価格は80,000円でカートリッジ代金が5,000円といった脱毛器もありさまざまです。
交換時期は商品によっても異なり、1ヶ月に1回交換しないといけないものもありますので、そんな脱毛器はかなりの金額がかかってきます。

●ポイントその2
次に家庭用脱毛器の本体価格とカートッジ代金、効果を総合した予算を立てて、エステサロンや医療機関での脱毛よりも安く済ませる事ができると、家庭用脱毛器の購入は成功するでしょう。
例えば、ワキの脱毛のみで良い場合で考えて見ましょう。
この場合、家庭用脱毛器での脱毛の方がかなりコストがかかってきます。
エステサロンでのワキの脱毛では、安いところでは10,000円以内で可能な場合もあるからです。
また、効果がなかなか現れない脱毛器を購入すると、カートリッジ代金が嵩みます。
そうなると、結局はコストがマイナスになってしまいますね。

上記のポイントを考慮して、予算をしっかり立てる事によって家庭用脱毛器を購入するかどうかの判断にいたるでしょう。

家庭用脱毛器関連情報

家庭用脱毛器は安い買い物ではありません。
予算を重視して脱毛器を選ぶ方は多いのではないでしょうか。
どのくらいの予算があればよいのか、費用対効果を考えるコツなどを伝授します。

このページのトップに戻る