肌質

脱毛は、医療機関やエステサロンでの施術がメインな程、安全性が高いといわれているものでも、リスクはたくさんあります。
お肌の中の毛根を焼き尽くして脱毛していくのが、家庭用脱毛器です。
それを知るだけで、さまざまなリスクがありそうですよね。
レーザー脱毛器なんかは、お肌の表面にも熱を感じて軽い火傷状態になるといわれています。
そんな時に、敏感なお肌の人はお肌のトラブルを招きかねません。
そこで、自分の肌質を見極めてから家庭用脱毛器を購入するようにしないとお肌にトラブルを生じてからでは医者に通うハメになり、逆効果なので注意しましょう。
元々お肌にトラブルが多い人は、購入を検討している家庭用脱毛器のサポートセンターに問い合わせて確認してみると良いです。

だいたいの家庭用脱毛器は自分の肌質に合わせて、脱毛強度が選択できるようになっていますが、自分の肌質がどうなのか知っていないと脱毛器によってお肌を傷つけてしまいかねますので気をつけましょう。

また、日焼けしているお肌にレーザーやフラッシュでの脱毛をすると、お肌の表面が軽度の火傷状態となり危険なので、日焼けをしている人は家庭用脱毛器の購入を控えるようにしましょう。

乾燥肌の人も、家庭用脱毛器は要注意です。
お肌の表面が熱くなるので、1番ゆるいものに設定しても、余計にお肌が乾燥してかゆみが出たり、炎症を起こしやすくなります。
乾燥肌の人の家庭用脱毛器の使用は、必ず施術の後にしっかりと冷却をして保湿する事が大前提となってきます。
家庭用脱毛器と合わせて、保湿乳液などを購入しておきましょう。

上記で説明した通り、肌質によって購入できる製品も変わってきますし、施術後のケアも必要になってくる場合もありますので、しっかりと自分の肌質を見極めて、リサーチしてから購入するようにしましょう。

家庭用脱毛器関連情報

肌に強い光を直接当てるものだから、家庭用脱毛器は肌質にあったものを選びたいものです。
肌質に合わないものを使用した場合、肌が荒れてしまったり、黒ずんでしまったら大変です。
こちらでは、家庭用脱毛器で肌トラブルが起こらないよう、肌質と脱毛器の関係について説明しています。

このページのトップに戻る